関西学院大学サッカー部に繋がる一貫指導で、楽しく賢く考えるサッカー!

記憶、ペレの話

おもろい話

楽しい事をメモしておくと人生が楽しくなると言う。
サッカーに関係あることないこと、楽しかったことや面白かったことなどメモしてみよう。

a:2111 t:1 y:1

日本代表がブラジルワールドカップ出場を決めた。
コンフェデレーションカップも始まった。
ペレの話の続きを!

記憶力、ペレの話 その後

画像の説明

ペレが私達のグランドへやって来た話を書いた。

その後、その頃高校生チームのメンバーで今は
三菱養和サッカークラブのコーチと話す機会が
あった。

彼は今サッカー協会公認S級のライセンスを持つ
サッカーコーチだが、こんな話をしてくれた。




(ペレとキッシンジャー元アメリカ国務長官)

ペレのサイン

「実はあの日、僕はペレの練習を見た後サインが欲しくてチームメートと3人でNYコスモス
の泊まっていたホテルへ行ったんです。
フロントでペレに会いたいと言うと、部屋番号を教えてくれて館内電話で自分で電話しろと
いわれた。

早速電話をしたらペレ自身が出た。たどたどしい英語で、僕達はあなたのファンです。
サインを下さい。と言ったらロビーまで降りてきて持って行ったユニォームにサインして
くれた。
今でも宝物として大事に持っている」

この話を聞いて驚くと共に時代の相違やサッカーのおかれている環境の違いを思い知らされた。

画像の説明

一つは、アメリカ大使館から借りた防弾ガラス入りのリムジン
でチームとは別に送り迎えされたペレが、ホテルでは、見も知
らぬ高校生の電話でロビーまで下りてきて会ってくれたという
この違和感!

画像の説明

私の推測では、ペレはアメリカに行く時銃による強盗や誘拐が多いから契約
の中に送迎は防御のしっかりした車にする事と言う1項目が入っていたので
はないか?

或いはチームが話題作りのために、ペレには大統領が乗る車で送り迎えする
ほどの待遇をしているとPRし話題にしたかったのではないか?

又、当時はまだ日本では“安全と水は只”といわれていて、ホテルでも宿泊客の部屋番号を平気
で人に教えていた時代だった事が判る。

加えて当時の日本では、この世界で1番有名なサッカー選手のペレでさえ、一般の人の関心は
薄かったということも伺える。
今、メッシやネイマールがロビーを歩けばどうなるか。香川君や長友君や澤さんだったら!

英語力

画像の説明

もう一つは高校生の選手が、館内電話とは言え “英語の電話” でペレ
と話をしたこと。

あの頃スポーツクラブで、将来役に立つからと言って練習前にアメリカ
人の先生を呼んで英会話のレッスンをしていた。
私の英語も誉めた物ではないがあの時の高校生達の英語も凄かった。

しかしあのレッスンが効いて英語で話す勇気が出て、ペレにロビーへ
降りて来てもらう事が出来たのだろう。

それにしてもペレがわざわざ部屋から降りてきてサインをしてくれたとは、この経験はサイン
以上に素晴らしい宝物になったのではないか。

記憶

この頃の事を周りの人たちにも聞いてみた。

画像の説明

「ペレはサントスのチームの一員として来た。
白いユニフォームだった」と言い張る人もいたが、これは
ペレが別の時にサントスで来日したことと混同していること
は明らかだった。

「この時、ベッケンバウアー(西ドイツ)やキナーリア
(イタリア)もいた」と教えてくれた人もいた。
私自身は完全に忘れていて、そういわれても思い出さない。
それほどペレの印象が強かったのだ。

画像の説明

歌人、斎藤茂吉の長男、斎藤茂太さんの著書
“「楽しい事をメモする」と人生はどんどんよくなる!”
にメモの重要性と茂太さんが如何に凄いメモ魔かが書いて
あるが、凡人には中々真似ができず後で後悔を繰り返す事
となる。

サッカーノートも大事だね。
大関鶴竜も「相撲ノート」をつけてるらしいね。

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional