関西学院大学サッカー部に繋がる一貫指導で、楽しく賢く考えるサッカー!

サッカーのイメージ⑤

サッカーのイメージ

a:1856 t:1 y:1

サッカーのイメージを絵本にしました。自分でサッカーのイメージをふくらませて下さい。
なお、悪い見本にされた人も、そのプレーが良くなかっただけで悪い
プレーヤーというわけではありませんので念のため。

5. チームワーク/連動・連係・連続)

画像の説明
チームワークの基本は「声」。特に後ろからの声は神の声と言われます。
チーム全体に指示するGK。

画像の説明
攻撃の指示か?守備のポジションの指示か? 指示を出すCB。自信がうかがえる。

画像の説明
「右サイドへパスを出せ!」自分も走りながら指示を出す。

画像の説明

このMF、若いのに自分は動かず指示だけしている。動けなくなった超ベテラン選手のようだ!
これを「交通整理のおまわりさん」と言います。でも黙って見ているよりはマシか?

画像の説明
GKが飛び出した後をカバーする。GKが飛び出したらゴールの中に入ってカバーすることなども、無意識にできるようになりたい。

画像の説明
これはゴールカバーではないが、シュートコースに自然に体が反応している。

画像の説明
味方の後ろにカバーに入っている。ここで後ろから「右切れ」「当たれ」「待て/遅らせろ」
などの声が出れば良いのですが!

画像の説明
前後から挟んで奪う。大切な守備のやり方です。

画像の説明
これも二人で挟んで奪おうとしている。どちらが当たるのか?どちらがカバーするのか?
二人が横並びになると一人の時より抜かれやすくなるので注意が必要。

画像の説明

素晴らしい守備の連係です。こんなハイエナのような抜け目のない奴に囲まれたら、
黄色いライオンもお手上げです。

画像の説明
味方のサポートに走る。フリーのサポートはできるだけ早く使ってやると良い。
タイミングを逃すと、相手のマークが付いてしまうしパスコースもふさがれるから。

画像の説明

味方ボールに後ろからサポートする。後ろからサポートすれば、前がよく見えて幅広くパスが出せる。サポートする選手はボールが来る前にどこにパスするか見ておくことが大切。
(Look before !)

画像の説明
味方ボールを受けるために動き出す。

画像の説明
ボールを持つ味方の後ろを走り、オーバーラップしようとしている。
オーバーラップのように長い距離を走るのは非常に有効な攻撃になる。

画像の説明
ボールを追い越す走り。ボールより前に人がいないと前への攻撃はできない。

画像の説明
味方GKがシュートをキャッチした瞬間、前へダッシュで上がる。この選手は本気で勝ちたいのだ。


画像の説明

ボールに遅れない、追い越そうと必死に走る。

画像の説明
ボールウォッチャーにならず自分から走る。

画像の説明

ただ走っているのではない。相手より早く、相手の裏へ必死で走っている。
必ず良いパスが来るという、味方への信頼がないとこの走りはできない。

画像の説明
パス&ゴーで相手の裏をとる。全力で走る味方の前のスペースへパスが出せるか?

画像の説明

この関学高の選手は2人がボールを受けに走っている。DFはパスコースが読めず防ぎようがない。パスコースを2つ作る重要性。

画像の説明
ここでも2人がボールを受けに走る。どこにボールが欲しいか指示している。💮

画像の説明

チームの5人が全員動いている。一人もボールウォッチャーがいない。

画像の説明
みんなの気持ちが一つにまとまった。



powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional