関西学院大学サッカー部に繋がる一貫指導で、楽しく賢く考えるサッカー!

サッカーのイメージ①

サッカーのイメージ

a:3137 t:1 y:3

サッカーのイメージを絵本にしました。自分でサッカーのイメージをふくらませて下さい。
なお、悪い見本にされた人も、そのプレーが良くなかっただけで悪い
プレーヤーというわけではありませんので念のため。

1. 技術 ( 止める 運ぶ 打つ )

画像の説明
ボールを見ながら、間接視野で相手も見ている。技術に自信がないとできない。
左のスペシャリスト。

画像の説明

ボールをよく見て、柔らかくコントロールしている。相手がそばにいても落ち着いている。
しかし体が大きくなり筋力がつくと同じことができるとは限らない。だから地味な「基礎練」
が大切なのだ。

画像の説明
相手の逆をとってコントロールしようとしている。

画像の説明

ゴール前に走り込み胸でトラップ。うまく止まれば1点だ。

画像の説明
スライディングタックルをかわして縦へ抜く。

画像の説明

まるで牛若丸だ! ボールをコントロールしながら相手の動きを見切っている。

画像の説明
大きな動きで相手の逆を取る。

画像の説明

ライン際を駆け上がる。サイドから切れ込めば得点の確率は高い。

画像の説明
ゴールを目指す強い意欲が目に現れている。

画像の説明

前を向いて進む。目線の位置が良い。

画像の説明
低い姿勢から相手の逆を取る。

画像の説明

バランスの良い体勢。

画像の説明
掴まれようが引っ張られようが、振りほどいて突破する。

画像の説明

ボールが落ちるまで待っていない。高いところで頭で運ぶ。Peleがよくやったプレー。

画像の説明
二人のDFの間を抜く。二人のDFが横に並ぶと一人よりも抜きやすいものだ。

画像の説明

二人マークに来るのはTOPの勲章。FWは2人抜けなければ点は取れない。
今のサッカーは必ず一人カバーに入るからだ!

画像の説明
ドゥンガは「相手が一人なのにパスする奴は臆病者だ。相手が3人のところに突っ込んで行く
のは計算のできない小学生だ」と言ったが、やってみるのも良いじゃないか!

画像の説明

DFラインから攻め上がる。

画像の説明
どのような気持ちでプレーしているか?目を見てくれ!

画像の説明

手で制する。

画像の説明
自然な手の動き。

画像の説明

DFラインでは絶対ボールを失ってはいけない。その気持ちが伝わる。

画像の説明
ゴールへ向かう。

画像の説明
⬇️                        

画像の説明
キングPELE、完璧なバランス。

画像の説明

GKのこぼれを狙う。

画像の説明
シューーーート!

画像の説明

得点王!得点への意欲がゴールを量産している。

画像の説明
抜いた瞬間に打つ。

画像の説明

左も蹴れればチャンスは2倍。シュートを転がせば得点は2倍。

画像の説明
GKの前に飛び込む。かつて、イングランドリーグ・アーセナルはシュート性の早いセンタリング
を多用して、GKの前に飛び込んでゴールを量産して「アーセナルゴール」と恐れられた。

画像の説明

ヘディングで勝つと1点以上の重みがある。やられるとダメージが大きい。
DFが6人もいても、ボールのところで競らなければやられてしまうということだ。

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional