関西学院大学サッカー部に繋がる一貫指導で、楽しく賢く考えるサッカー!

アドゥー

おもろい話

a:2156 t:1 y:1

楽しい事をメモしておくと人生が楽しくなると言う。
サッカーに関係あることないこと、楽しかったことや面白かったこと、
心打たれたことなどページをめくってみよう。

インドネシアでは失敗したり驚いたりして「あっ!」と言う時に「アドゥー」と叫ぶ。

憎めないおおらかさ

仕事仲間だったインドネシア人はよく嘘をついた。心優しいがために結果として嘘になる事
もあれば、悪気のないすぐばれるような嘘をつくこともある。

この友人はゴルフに行ってもすぐスコアを誤魔化す。ゴルフでスコアを過少申告するなどは
非紳士的な許されないこととされていて、西洋や日本では社会人として認められず、友人を
失う事となるのは必須である。

しかし、本人は何も気にしていない。
これを嫌がる人もいるが、私はおおらかやな〜と感心する。

ゴルフのスコア

画像の説明

この友人とゴルフに行くときは、こちらがよくスコアを勘定して
おかないといけない。

ボールが林や森の向こうに入って姿が見えない時もある。
茂みの中で苦戦しているようである。
ミスをするたびに「アドゥー」と言う大きな声が聞こえる。

茂みから脱出してこちらへ戻ってきた時に「いくつ叩いたんや?」
と聞くと1つと言う。

「誤魔化したらあかん!3回打ったやろ」と言うと目を丸くして、「何で解るんや?」と言う。
アドゥーが三回聞こえた。わかって当たり前やろ」と言うと「ばれたか」とニコニコして
いる。

このような会話をしながら遊んでいると言葉はうまくなって行く。

日本の友人

画像の説明

日本の友人でショットやパットの後「あっ!」と言う人がいる。
不思議なこの人の「あっ!」は何故かショットやパットが良かった時に発せられる。

それ故、同伴者は失敗したのかと期待してボールの行方を追うと
ショットがフェアウェーのど真ん中に飛んだりロングパットが
入ったりして期待を裏切られる。

多分この人は10回打っても9回まで失敗していて、たまに良い
ショットや良いパットをすると自分でもびっくりして「あっ!」
と言っていたのが癖になってしまったのだろう。

この友人はスコアを誤魔化したりしないが、スコアを誤魔化すインドネシアの友人より絶対に
性格は悪いと思う。

勿論この「あっ!」に期待してボールの行方を見守る同伴競技者も性格は良いとは言えない。

ウェットなインドネシア人

画像の説明

かつて日本人は「ノーと言えない日本人」とよく言われた。
これは相手の気持ちをおもんばかってノーと言わない/言えない
と言うことで、日本人はウェットな性格と言える。

しかし、日本人より遥かにウェットで心優しいインドネシア人は
もっとノーとは言えません。

例えば道を聞かれたら、全く知らなくても知らないとは言えず分からぬまま教えてしまうのだ。
結果、間違ったことを教え「嘘をつかれた」と言われてしまう。

明日の約束をしても、都合が悪いとは言い出せず約束をして、結果約束を破ることになり、
信用出来ないと言われてしまう。

ドライなアメリカ人

画像の説明

日本人にさえ、曖昧でイエスノーがはっきりしないといらつくアメリカ人
にとっては、このインドネシアの人のウェットさは、全く理解不能のもの
で一緒に仕事をすると大騒ぎとなる。

私たち日本人はこの中間にいるので、間に入って”感情の通訳”をする事
となります。

私はこの心優しく寛容なインドネシアとインドネシアの人が大好きです。

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional